簡単操作

今日はWindowsシリーズの機能「簡単操作」とその中の「固定キー機能」を紹介します。

「固定キー機能」は[Shift]、[Ctrl]、[Alt]など、他のボタンとの同時押しが必要なボタンを押したままの状態にできます。これによって両手での操作が難しい人の作業がスムーズになります。

例えば「?」を入力する場合、[Shift]を押しながら[・]ボタンを押さなければいけません。しかし、固定キー機能がオンの状態では[Shift]を1回押した後に[・]ボタンを押せば「?」が入力できます。

1回押した場合は、他のボタン(ここでは[・])を押した時点で機能は解除され、押したままの状態ではなくなります

また、[Shift]を連続で2回押した場合は[Shift]を押し続けている状態になり、もう一度押すと解除されます。ローマ字を全て大文字で入力したい時や、マウスを使わず文字の範囲指定する場合に便利です。

例えば、大文字で「ABC」と入力する場合は[Shift]を2回押してから[A]、[B]、[C].と入力し、もう一度[Shift]を押します。

範囲指定をする場合、選択する範囲の始点にカーソルを置いて[Shift]を2回押してから終点まで移動し、終点でもう一度[Shift]を押すことで範囲指定ができます。

固定キー機能

この「固定キー機能」は「簡単操作」で設定できます。

簡単操作とは?

簡単操作とは、主に障害のある人がパソコンを使やすくするための設定です。(以前はユーザー補助という名前でした)

設定の仕方は、画面左端のWindowsロゴをクリックしてスタートメニューを開き、設定をクリックします。

1

次に、簡単操作をクリックします。

2

簡単操作の画面左側にメニューがあります。
ここに「視覚」「聴覚」などのカテゴリーごとの設定項目が表示され、障害に応じたカスタマイズができます。

ここでは、下にスクロールして、操作項目のキーボードをクリックします。

3

 

4

キーボードをクリックするとキーボード操作にかかわる設定画面に変わるので「固定キー機能」をクリックします。

5

オンにすると詳しい設定ができます。

6

また、簡単な方法として右側の[Shiftキー]を5回押すとこのようなウインドウが出るので{はい}をクリックすると固定キー機能が使えます。(設定によってはできない場合もあるので、その場合は上に書いてある方法を試してください。)

kotei

簡単操作には様々な機能があります。

今後またご紹介したいと思います。

福祉事業所合同説明会

今日は、6月22日に開かれる福祉事業所合同説明会についてご紹介します。

合同説明会

福祉事業所とは、障害のある人がはたらく場所です。
西宮市にはたくさんの福祉事業所があり、さまざまな作業内容、働き方、雰囲気があります。
そうした福祉事業所に実際にふれて、知ることが出来るのかこの合同説明会です。

当日は、事業所の説明・発表(プレゼンテーション)の他に、事業所ごとにブースがあり、事業所のスタッフに直接説明を受けることや質問をすることができます。
また、参加された方には「2019年度版福祉事業所ガイドブック」がプレゼントされます。
このガイドブックは事業所の詳しい情報が載っており、自分に合ったはたらき方をイメージしたり、はたらく場所を探す手がかりになります。
阪神パソコンネットもこの合同説明会に参加します。
興味を持たれた方は是非ご参加ください。

【日時】6月22日(土)10時から14時まで
【会場】西宮市役所東館8階(六湛寺町3-1)
【問合せ】障害者総合相談支援センターにしのみや(0798-37-1300)

障害のある方のためのお役立ち情報の発信を始めます。

これから阪神パソコンネットでは、ブログやFacebookで障害をお持ちの方に役立つ情報をお届けしていきたいと思います。障害がある方が快適な暮らしを送っていただけるために、便利な情報を発信していければと思います。

具体的には ・・・

・西宮を中心としたバリアフリー情報

・障害者関連のイベントなどの情報 

・障害がある方に便利なパソコン機能やアプリ

などをお伝え出来れば思います。

より多くの方に役立つ情報をお届けできればと考えていますので、「こういう情報が知りたい!」、「こういうことで困っている・・・」ということがあれば、以下のアドレスまでメールで教えていただければと思います。

email